読谷村史編集室 読谷村の出来事を調べる、読谷村広報データベース

1958年5月発行 読谷村だより / 2頁

社会福祉事業研修通信(第四号)読谷村社協副会長読谷村助役知花成昇

社会福祉事業研修通信(第四号)
読谷村社協副会長
読谷村助役 知花 成昇

 特に社会保険は社会保障制度の中校をなすものだけにその発展については国民から多大の関心が寄せられ、政府もまた制度の整備拡充のために、不断の努力が続けられているとの事であります。
社会保険には医療保険(政府管掌健康保険、組合管掌健康保険、船員保健、日傭労働者健康保険、国家公務員共済組合、国民健康保険)老令遺族廃疾保険(年金保険)失業保険(五人未満の零細事業所の雇用者は依然強制適用を除外されている)業務災害保険等が施行されており、沖縄に比べるといづれの職場に働く人も安心して働ける状態だといえましょう。幸に一九五九年七月からは失業保険法が施行される事になっていますがこれからどしどし社会保障制度の確立がなさらなければいけないと思い、この講義は一番興味深く受講致しました。九時間の講義ですから短かい文章でどうしてもまとめようがありません。社会保障論については更に日本の場合にもいろいろの問題が残されているようです。こういふ風に研修通信で講義の内容報告していると重要な点をぬかしてしまって或は誤りもあるのではないかと心配ですがその点は帰ってから訂正させて戴きましょう。二月二日から二月十五日までの二週間が第二期になります。

利用者アンケート サイト継続のために、利用者のご意見を募集しています。