読谷村史編集室 読谷村の出来事を調べる、読谷村広報データベース

1963年4月発行 読谷村だより / 2頁

一九六三年度総合共進会審査報告

一九六三年度総合共進会審査報告

 一九六三年度第十三回目の総合共進会の審査報告を致します。読谷村総合共進会審査規程によりまして部落団体六項目個人十種目について審査採点を行ってあります。審査の概要を申し上げますと部落団体では生産関係部落納税の状況、生活改善の状況、文化の状況、農協への協力状況、農業団体の育成状況の六項目でその附点率を申し上げますと、生産関係で四九%部落納税の状況二○%生活改善の状況五%文化の状況一○%農協への協力状況一○%農業団体の育成状況六%で個人十種目を含めて一、○○○点満点として採点を行ってあります。
個人の十種目についてはその字の出品割当数で個人出品者の実績を除し1人当たりの平均実績により採点を行ってあります。
審査の方法を申し上げますと、生産関係では主要農作物の肥培管理、農機具、器材の整備、家畜の飼育状況等を調査採点し部落総戸数と農家戸数により採点を行い部落納税の方は読谷村納税表彰規程による納税成績を点数に換算して採点を行ってあります。生活改善の状況では、かまど及び便所等の改良数を審査し文化の状況では購読物及びラジオ等の普及率で採点し農協への協力状況は部落の加入組合数及び口数で採点を行ってあります。
農業団体の育成状況では農改グループの結成数及び活動状況等により審査を行ってあります生産関係の個人種目について申し上げますと堆肥の方では品算を六段階に区分し一立米当りの重量を各々定めて審査し一期では字大湾の松田英徳さんが一位となって、四八、一八一瓩の生産で昨年に比べて二四、二一二瓩多く二期では字喜名金城睦仁さんが一位となって三一、一○五瓩で昨年より一二、一五三瓩の生産増となって居ります。大豆の方で申し上げますと三、三平方米当りの収穫審査を行い一○アール(一反)当り四○三立で字宇座の山内真重さんが一位となって居り昨年に比べて一四三立の増収を見て居ります。
甘藷の方は三、三平方米(一坪)当りの収量を加製糖量によって審査を行い夏植では字楚辺の上地英徳さんが一位で八、九四瓩の生産で春植では字渡具知の饒波維三郎さんが一位で六、一一瓩の生産を上げてあります。甘藷の方を申し上げますと三、三平方米(一坪)当りの収量を澱粉含有量で審査し字宇座の山内真重さんが一位で四、二九瓩の生産を上げて居ります。
馬鈴薯の方を申し上げますと三、三平方米(一坪)当り生産量によって審査を行い一三、○六瓩(約二一、七斤)の生産で字楚辺の比嘉三郎さんが一位となって居りますが、中部地区多収穫審査の首位とは相当のひらきがありますので肥培管理の面充分研究努力しなければいけないと思って居ります。畜産関係で申し上げますと肥育豚では初審六○瓩次内にして六○日の肥育で一日平均増体量一、五瓩(三、五斤)で字波平の上地収栄さんが一位となって居ります。
肥育牛の方は沖縄家畜登録協会の審査基準に基いて審査を行い字喜名の松田賢貞さんが一位となって居ります。
以上審査の概要を申し上げましたが総合成績の方を申し上げますと一等字宇座で総点数八四五、五七点二等字渡慶次八三八、○四点三等字波平八○二、三七点四等字大湾七五一、四点五等字瀬名波七一六、九一点とふって居ります。
次に展示会の方を申し上げますと農産物六○九点手芸加工品七四八点計一、三五七点の出品高であり昨年に比し五一八点の出品増となって居ります。審査の方法については比較審査と評量によって行い商品価値を重点に審査を行ってあります。農産物は去りし寒波の障害もありまして成績は上々とは申し上げられないのでありますが山芋の如きは六三瓩と言う素晴らしいのも出品されております又手芸加工品等は輸入品に劣らない優秀なものがたくさん出品されまして、成績は随分向上して居ります。而し乍ら私達の村は野菜等の自給自足が出来ないため輸入品その他村外からの野菜等が店先に並べられているのを時折見受けておりますが農産物にしろ手芸品にしろこれを単なる展示会出品のためのものではなく私達農家経済に大いにプラスさせ総ての増物と商品価値等も考慮に入れられて共進会の意図とする本村産業が自給自足を上廻るべく成果を上げて戴き度い事を御希望申し上げます。
本年度は台風の襲来は免ましたが気象的災害と申しませうか長期の旱魃に見舞われ諸作物の出来栄えを優患して居たのでありますがこのような成果を上げることの出来得ましたことは農家皆様方のたゆまざる御努力と政府御当局の御指導御援助の賜と深く感謝申し上げ来年度は本年より以上の成果を上げて戴きます様期待いたしまして本共進会の審査の報告を経ります。

一九六三年三月二十五日
経済課長 知花正助

利用者アンケート サイト継続のために、利用者のご意見を募集しています。