読谷村史編集室 読谷村の出来事を調べる、読谷村広報データベース

1976年1月発行 広報よみたん / 3頁

新年のあいさつ 読谷村議会議長 新垣秀吉 新年のあいさつ 読谷村教育長 宮城伝三郎 謹賀新年 読谷村議会

新年のあいさつ 読谷村議会議長 新垣秀吉
 村民の皆様、明けましておめでとうございます。昭和五十一年の新しい年をお迎えするにあたり読谷村議会を代表して村民の皆様に謹んで年頭のごあいさつを申し上げます。
 迎えました昭和五十一年は村民ひとりびとりの上に明るく、豊かな希望のもてる年でありますよう心から祈念申し上げ、また村内各部落においても朗らかで睦ましく、秩序ある自治会の営みがありますよう心から願うものでございます。
顧みまするに去る年は内外諸情勢の厳しい多難な年でありましたとりわけ、総需要抑制による倒産・失業・狂乱物価・インフレ等の波を、もろに受け実に苦難の年でありました。私達読谷においても、財政豊な村と云われてきましたが、総需要抑制の大波を受け財政窮迫を余儀なくされ財政危機に直面している現況にあり、或るいはまた第一次産業においても、さとうきび価格問題、畜産価格の問題などその価格引上げに対し一大運動を展開してその値上げに最大の努力をして参りましたが棒程願って針程も叶えなかった結果に終り、そのいずれを取ってみても私達村民にとって決して満足の出来る年ではなかったのでございます。幸にして、本村は他市町村に比較してそれ程の財政落込みもなく年度当初における計画事業の殆どが遂行出来る見通しにあり、また村当局に健全財政を維持するため財源確保に最善の努力をはらっていますので議会も合協力し健全財政を図っていく所存でございます。
 迎え■■昭和五十一年には不況を吹っ飛し、村民ひとりびとりの叡智と理解、ご指導とご協力を求め、輝かしい実りのある年になるよう、本村議会も激動する内外の諸情勢に対応するため最善の努力をもって議会の責務を果す所存でございますので村民各位の倍旧のご指導とご協力を賜りますよう心から切にお願いを申し上げます、最後に村民各位のご繁栄とご多幸を祈念しつつ年頭のごあいさつと致します。
 昭和五十一年 元旦

新年のあいさつ 読谷村教育長 宮城伝三郎
 あけましてお目出度う御座います。
 昭和五一年の新年を迎えるに当って謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 皆様には一昨年の石油危機から今開催中の海洋博と引き続いて私達の生活の各面にいろいろと影響をもたらして居りましたが次第に常態に復しつつありますことは誠に結構なことであります。海洋博も沖縄発展の起爆剤として目的を達成するには程遠いものがある、という感もいたしますが折角沖縄で開催されて居りますので県民は一応見学しておきたいものだと思います。特に青少年は教育的見地からも是非一度見学させたいものであります。
年末近くなって文部大臣の主任制や部長制導入の発言によって小中高校に於いては問題となりましたが直接児童生徒の教育には大きな影響が無った事は幸であったと思います。今年はこういう事の無いように念じたいと思います。新年度は特に青少年の健全な育成に力を入れていきたいと思います。そこで去年に引き続いて今年は学校や父兄母姉のご協力のもとに子供会を育て、子供自体の自主性に依って子供会が運営できるように定着させ、村全体に子供会の輪を広げて行きたいと思います。この事は子供相手の事でありますので一朝一夕には実を結ぶことはむづかしいかも知れませんが、時間をかけてあせらず、じっくり取組んで是非とも成果をあげたいと思います。青少年の健全な育成は家庭を明るくし村をおこすもとになるものだと思います。村民一人一人が量も意を用いて取り組まなければならない問題の一つでなないかと思います。五一年の新春を迎えるに当って村民一人一人が我が子も隣りの子もひとしく暖い手をさしのべて適性に応じた指導のもとに子供達の個性や能力をすくすくと伸し、子供達の幸せの為めに又明るい家庭造りの為めに豊かな村造りを目指して今年も頑張りましょう。

謹賀新年 読谷村議会
村議会議長 新垣秀吉
村議会副議長 伊波栄徳
村議会議員 知花繁治
 〃 〃 当山真市
 〃 〃 長浜宗繁
 〃 〃 大城行雄
 〃 〃 長浜宗安
 〃 〃 松田正義
 〃 〃 比嘉憲一
 〃 〃 知名定弘
 〃 〃 大城英三郎
 〃 〃 漢那朝章
 〃 〃 知念政仁
 〃 〃 比嘉義雄
 〃 〃 比嘉幸徳
 〃 〃 松田昌盛
 〃 〃 大湾哲彦
 〃 〃 池原安夫
 〃 〃 松田昌栄
 〃 〃 伊波勇一
 〃 〃 長嶺真一郎
 〃 〃 山内真永
事務局長 屋宜光正

利用者アンケート サイト継続のために、利用者のご意見を募集しています。