読谷村史編集室 読谷村の出来事を調べる、読谷村広報データベース

2005年4月発行 広報よみたん / 6頁

四、本年度の実施項目

(6)手づくり工芸の振興
 読谷村には、読谷山花織やヤチムン、ガラス工芸品などの伝統工芸品があります。
 引き続き、読谷山花織事業協同組合の支援と後継者育成事業を実施し、組合の活性化に努めてまいります。
 ヤチムン(焼物)の振興につきましては、やちむんの里を中心に村内で四七の窯元が生産を行っております。また、近年特産品として定着しておりますガラス工芸品につきましても、ヤチムン同様広く村内外への紹介に努めてまいります。

(7)地域からの仕事づくり
 漁業につきましては、養殖事業、魚介類の放流事業をとおして、水産物の生産・加工技術の向上を図り、漁業組合の活動を支援するとともに、漁場環境の保全に努め地域漁業の活性化を図ります。
 農業につきましては、農地の集積、担い手の育成、認定農業者の支援を図り、環境負荷の少ない減農薬農業を推進します。また、中部農業改良普及センターおよび農業関係団体と連携を密にした指導体制の強化、流通体制の整備を図るとともに食の安全・安心及び地産地消の推進を目指し、学校給食・村内食料品店への農作物の供給に向けた調査・研究を進めてまいります。
 さとうきびにつきましては、優良種苗の増殖及び株出し体系への展開を図り、紅イモにつきましては、県外出荷に対応する生産・防除・保存・輸送体制の強化を充実させ、拠点産地としてさらなる取り組みを進めてまいります。
 小ギク及び園芸作物等につきましては、施設の整備等により、安定生産、出荷体制の強化を図ってまいります。
 畜産業につきましては、引き続き優良種畜の導入を図り、生産拡大を推進いたします。
 読谷西部地区では、かんがい排水施設整備を実施してまいります。また、農村総合整備事業による浜屋一号線、浜屋排水路、海岸線農道整備を実施するとともに、元気な地域づくり交付金による農道整備を実施してまいります。
 林業につきましては、松くい虫被害木伐倒処理事業を継続実施してまいります。
 商工業の充実につきましては、商工会育成事業、中小企業育成事業を継続実施し、優良企業の誘致に向けても取り組んでまいります。
 観光の振興につきましては、世界遺産周辺整備事業や沖縄体験滞在交流促進事業により整備された「喜名番所」及び「海の体験施設」を十分に活用し、読谷村観光協会と連携を図りながら読谷型観光の振興に努めてまいります。
 さて、今年の四月には第四六回米州開発銀行年次総会が開催されます。本村では読谷村推進会議を中心に、関係機関・団体、そして村民が一体となって、花いっぱい・クリーンアップ事業を展開するとともに、世界遺産の座喜味城跡での歓迎交流会をはじめ、村内各地での体験交流などの多彩なイベントを展開し、世界に「ユンタンザ」の魅力を伝え、年次総会の成功に向けて取り組みを進めてまいります。

利用者アンケート サイト継続のために、利用者のご意見を募集しています。