読谷村史編集室 読谷村の出来事を調べる、読谷村広報データベース

2006年1月発行 広報よみたん / 12頁

食習慣改善で幸齢社会を目指そう!

食習慣改善で幸齢社会を目指そう!

 「『糖尿病』予防はできる・改善もできる!」をテーマに読谷村健康フォーラムが、11月12日村総合福祉センターで開催され、200人余の村民が参加しました。
 講演で、仲地健さん(医学博士)は、「糖尿病の予防は自分次第。食事と運動の重要性」を説いていました。また、比嘉康江さん(管理栄養士)、仲眞朝雄さん(読P連会長)、上里キヨさん(味噌職人)、島袋仁さん(青年)らパネリストは、「村民は脂質過多の食事である」、「食が変われば体も人生も変わる」、「家族の健康は、食卓を囲んだ朝食から始まる」と話しました。

利用者アンケート サイト継続のために、利用者のご意見を募集しています。